JR篠ノ井線・JR松本駅編

JR篠ノ井線・JR松本駅編

JR松本駅3

JR松本駅にやってきました

JR松本駅4

松本市は、地下水が豊富で数多くの井戸や湧水があるそうです。
市街地に数多くの湧水があることは珍しいらしく
まつもと城下町湧水群」として”平成の名水百選”にも選定されているようですね

JR松本駅5

JR松本駅は1日平均16,000人が利用する
長野県の第2の都市である松本市の中心駅です

JR松本駅6

まだまだ残暑が厳しい9月初旬で
昼間の気温22℃と肌寒いくらいでした

JR松本駅7

市民の皆様のご要望により駅のシンボルとして再掲出された
松本驛表札ですね

播隆上人

また駅前には播隆上人の銅像が建っています。。。
江戸時代の僧侶で槍ヶ岳の開山し
多くの人が頂上まで登れるように整備したお人のようですね

JR松本駅8

JR松本駅構内にある松本車両センターです
昼間でも東京方面に向かう多くの特急列車が留置してある模様です…。

JR東日本E257系電車

JR東日本E257系電車・JR松本駅にて撮影。(2013年09月09日)
松本車両センター所属の特急あずさ新宿行きです

松本城

初めて松本の地を訪れたので
国宝松本城に感動しながら夜の松本を散策しました
web拍手 by FC2

JR篠ノ井線・普通列車乗り鉄後編

JR篠ノ井線・普通列車乗り鉄後編

おばすて棚田

前回の続きでJR姨捨駅を出発
踏切のところで棚田が見えていますね

JR東日本E127系電車車内2

車内からもみなさん撮影されてますね

JR篠ノ井線車窓2

列車はさらに山奥深くへと進行します

JR聖高原駅

JR聖高原駅では特急列車の通過待ちです

JR聖高原駅2

上下線とも特急列車の通過を待って発車

十二支トンネル

聖高原駅を出て十二支トンネルを通過中

JR篠ノ井線車窓3

トンネルを抜けるとあんなに高い山を抜けてきたのかと…(笑)

JR西条駅

JR東日本115系電車・JR西条駅にて撮影。(2013年09月08日)
JR西条駅で115系電車と列車行違いです

犀川

犀川と北アルプスが見えてきました!

平瀬信号所

JR東海383系電車・平瀬信号所にて撮影。(2013年09月08日)
平瀬信号所にてワイドビューしなのと列車行違いです

JR東日本E127系電車2

JR東日本E127系電車・JR松本駅にて撮影。(2013年09月08日)
そして15時14分にJR松本駅に到着しました
web拍手 by FC2

JR篠ノ井線・普通列車乗り鉄前編

JR篠ノ井線・普通列車乗り鉄前編

JR東日本E127系電車

JR東日本E127系電車・JR篠ノ井駅にて撮影。(2013年09月08日)
13時52分発松本行きに乗車です

JR東日本E127系電車車内

2013年のダイヤ改正でE127系電車が投入され
2両編成でワンマン運転が実施されるようになりました

善光寺平3

棚田が見えてきてJR姨捨駅が近づいてきました

善光寺平4

小雨交じりの曇り空ですが
いつ見ても善光寺平の景色は素晴らしいですね

スイッチバック

一旦、引き上げ線に入りこれからバックします

スイッチバック2

後方車両の運転台横に陣取っていたので
スイッチバックの模様がよくわかります

スイッチバック3

JR姨捨駅には上り(松本方面)はバックして進入。
下り(長野方面)はそのまま前進して駅に進入します

ちなみに運転士さんは運転台は変わらず
落とし窓を開けて後ろを確認しながらバックしていますね

スイッチバック4

ホームにいらっしゃる観光客のみなさんに
バシバシ写真撮られましたが
私もバシバシ写真撮りました

棚田2

前回は春に棚田を見たので田んぼが土色でしたが
今回は9月でしたので緑一色の田んぼも”いとをかし”ですね(笑)

JR姨捨駅7

やはりJR姨捨駅は絶景スポットですよね

後編へと続きます
web拍手 by FC2

JR篠ノ井線・JR姨捨駅編その1

JR姨捨駅編その2

JR姨捨駅5

JR姨捨駅にやってきました

JR姨捨駅6

2010年に駅舎のリニューアル工事が行われたようです

姨捨駅案内板

姨捨駅は水が豊富で元来、スイッチバック方式の駅として
設置された目的に「蒸気機関車への給水」だったようですが
1970年に蒸気機関車の廃止。
ディーゼル車 → そして1973年に電化された為に給水施設も廃止

乗車駅証明書

そういう意味合いもあって
国鉄時代の1972年(昭和47年)の3月に無人化されたようで
駅舎の中には乗車駅証明書発行機が設置してあります

姨捨山

姨捨」の名は、姨をこの山に捨てた男性が
月を見て後悔に耐えられずに
翌日連れ帰ったという説話「古今和歌集」からきているようで
駅舎内にも紹介されていますね

JR東日本115系電車5

JR東日本115系電車・JR姨捨駅にて撮影。(2012年04月14日)
17時19分発長野行きが迎えにきたようです

JR東日本115系電車車内2

この時は一番最後尾車両を陣取って
スイッチバックの模様を観察しようと構えていました
ちょうど特急列車の通過待ちですね

JR東日本115系電車車内3

今まで見てきたスイッチバックは
運転士さんが進行方向の運転台に必ず乗り換えて運転するんですが
この姨捨の場合は逆転器を後進にして
運転台は変わらずそのままバックしていきました
車掌さんが前方監視をしているんでしょうけど…。

JR東日本115系電車車内4

普通列車は無事本線に合流

JR篠ノ井線車窓

再び進行方向が変わって善光寺平を眺めながら
長野方面へと向かっていきました
web拍手 by FC2

JR篠ノ井線・JR姨捨駅編その1

JR姨捨駅編その1

JR東日本115系電車3

JR東日本115系電車・JR長野駅にて撮影。(2012年04月14日)
JR長野駅にいます
これから16時05分発甲府行きに乗車です

JR東日本115系電車車内

車内はどの車両も座席は満席な様子です

JR東日本115系電車4

JR東日本115系電車・JR姨捨駅にて撮影。(2012年04月14日)
16時33分にJR姨捨駅に到着しました

JR姨捨駅2

JR篠ノ井線のJR姨捨駅です!
標高551m、聖高原の中腹に位置しており

日本3大車窓

日本三大車窓の1つに数えられる駅として知られています!

ちなみに日本三大車窓とは?
JR根室本線新内駅付近(狩勝峠。三大車窓の区間は1966年廃線)
JR篠ノ井線姨捨駅(善光寺平)
JR肥薩線矢岳駅付近(矢岳越え)
だそうです

JR姨捨駅3

実はこの姨捨駅、ホームのベンチが線路と反対を向いているんです
列車を待つ間に、景色を楽しめように配慮されているんですね

善光寺平2

残念ながら訪問した日は雨でしたが
姨捨駅から見える善光寺平は絶景で特に夜景は最高だそうで
お月見ポイントの日本三大名月にも数えられています。

日本三大名月とは?
高知県桂浜
滋賀県石山寺(京都東山との説も)
長野県善光寺平

余談ですがこの善光寺平甲越両軍
12年にわたり5たび衝突したと伝えられる川中島の合戦の場で
麓の武水別神社では上杉謙信
武田信玄の討滅を祈願したと伝えられています

棚田

そして傾斜地には棚田が広がっています。。。
善光寺平に周囲の山々とかたちづくる景観が評価され
平成11年に棚田として全国ではじめて国の名勝に指定
また、日本の棚田百選にも認定されたそうです…。

JR姨捨駅4

それとこの姨捨駅にはもう1つ魅力があります!
姨捨駅はJR篠ノ井線の本線上にありません。。。
本線を一度行き過ぎて停車
引込み線になっていて
スイッチバックして電車が姨捨駅に入ってきます

特急通過

JR篠ノ井線のJR篠ノ井駅~JR松本駅区間は単線でして
このJR姨捨駅は普通列車の待避線的な役割をしており
特急列車の通過待ちもしているんですね~

その2へ続きます…。
web拍手 by FC2