南海電気鉄道・高野線 こうや花鉄道編その2

南海電鉄・高野線 こうや花鉄道編その2


学文路駅

前回からの続きです
➝ 学文路駅
全国においても難読駅名の1つである学文路(かむろ)駅
※ちょっとボヤけてすみません。。。

高野線車窓

全国登山鉄道🚞‰(パーミル)会に所属しているだけあって
グングン登っていきますね。。。

九度山駅

➝九度山駅
またボヤけて申し訳ないです。。。

高野下駅

1925年(大正14年)開業の高野下駅が見えてきました

高野下駅2

➝ 高野下駅

上古沢駅

➝ 下古沢駅 ➝ 上古沢駅

紀伊細川駅

➝ 紀伊細川駅

紀伊神谷駅

➝ 紀伊神谷駅
ちょっと雪化粧

南海2300系電車2

南海2300系電車・極楽橋駅にて撮影。(2014年12月15日)

極楽橋駅

➝ 極楽橋駅に到着です

極楽橋駅2

これで高野線も完乗ですね
これから高野山ケーブルにのりかえです

※お詫び…多忙により更新が遅れてご迷惑をお掛けしております。
 徐々に回復していきますのでしばらくお待ちください。


web拍手 by FC2

南海電気鉄道・高野線 こうや花鉄道編

南海電鉄・高野線 こうや花鉄道編

天下茶屋駅

早朝の天下茶屋駅にやってきました

南海6300系電車

南海6300系電車・天下茶屋駅にて撮影。(2014年12月15日)
早朝の急行橋本行き乗車です。。。

南海6300系電車車内

朝が早かったので乗車するといつの間にか爆睡

南海6300系電車2

南海6300系電車・橋本駅にて撮影。(2014年12月15日)

橋本駅

いつの間にか橋本駅に到着していました

南海2300系電車

南海2300系電車・橋本駅にて撮影。(2014年12月15日)

南海2300系電車車内

今度は極楽橋行きに乗車です

紀の川

橋本駅を出ると和歌山市から紀伊水道へ注ぐ紀の川を渡ります。。。

紀の川橋梁

紀の川橋梁を渡りながら上っていきます
※後ろから撮影…。

紀伊清水駅

➝ 紀伊清水駅
橋本駅を出発してから最初の停車駅です

橋本駅~極楽橋駅間はこうや花鉄道の愛称があり
山岳路線で登山鉄道となっております…。

次回は一気に山を登っていきます

乗車区間。岸里玉出駅~極楽橋駅間
南海電気鉄道・高野線 、完全乗車しました


web拍手 by FC2

南海電気鉄道・高野線(汐見橋線)

南海電鉄・高野線(汐見橋線)

汐見橋駅

寒い早朝の汐見橋駅にやってきました

汐見橋駅2

汐見橋駅は高野線の起点駅となっていますが
汐見橋駅~岸里玉出駅間は支線扱いとなっています
改札口には昭和30年代当時の南海沿線観光案内図
ボロボロな状態で掲出してありましたが…。
2016年3月1日に案内図を撤去されたもようです。。。

汐見橋駅3

ホームは1面2線の頭端式です。

汐見橋駅4

どこか昭和の時代を醸し出す風情のある駅ですね

南海2200系電車3

南海2200系電車・汐見橋駅にて撮影。(2014年12月15日)

南海2200系電車4

場所的には大阪市内の中心で汐見橋駅の最寄り駅である
桜川駅(地下鉄千日前線と阪神なんば線)は
かなりの乗降客数ですがこの汐見橋駅は
1日あたり576人の乗降客数で折り返し運転の支線扱いですよね。。。

南海2200系電車車内2

車内は早朝で当然ながらガラガラでした

南海2200系電車5

南海2200系電車・岸里玉出駅にて撮影。(2014年12月15日)

岸里玉出駅

岸里玉出駅に着いた時には周りが明るくなってきましたね

乗車区間。汐見橋駅~岸里玉出駅間


web拍手 by FC2

南海電気鉄道・多奈川線その2

南海電鉄・多奈川線その2

深日港駅

➝ 13:19深日港駅
前回からのつづきで深日港駅に到着しました

岬町役場

駅前には岬町役場がありますね。。。

関西電力火力発電所

終点の多奈川駅に近づくと
関西電力の多奈川第2火力発電所が見えていました

南海2200系電車2

南海2200系電車・多奈川駅にて撮影。(2016年09月23日)

多奈川駅

➝ 13:21多奈川駅に到着です

多奈川駅2

これで多奈川線も完乗できました

多奈川駅3

多奈川駅は1944年に開業した大阪府で最も西に位置する駅だそうです!

多奈川駅4

1日あたりの乗降客数は725人。

多奈川駅5

再び多奈川駅から折り返し…。

みさき公園2

その後、みさき公園駅まで戻って多奈川線の旅も終了しました
web拍手 by FC2

南海電気鉄道・多奈川線

南海電鉄・多奈川線

多奈川線は大阪府泉南郡岬町のみさき公園駅から
多奈川駅までを結ぶ南海電気鉄道の鉄道路線。

みさき公園駅2

みさき公園駅にやってきました

みさき公園

駅の目の前には南海電鉄が経営する
アミューズメントレジャー施設であるみさき公園があります
動物園も併設しており、今年で60周年を迎えるそうです。。。

みさき公園駅3

みさき公園駅は1日あたり5,450人の乗降客数でして
南海本線と多奈川線(起点駅)に所属しており
近畿の駅百選にも選ばれたことがある駅です

南海2200系電車

南海2200系電車・みさき公園駅にて撮影。(2016年09月23日)
15:15発、多奈川行きに乗車します

南海2200系電車車内

車内はガラガラ…。

多奈川線車窓

本線と少しだけ並走し、右へ分岐していきます。。。

多奈川線車窓2

すると、のんびりとした雰囲気の車窓が目に飛び込んできました

多奈川線車窓3

最初の停車駅が見えてきました

深日町駅

➝ 13:17深日町駅

多奈川線車窓4

次の停車駅が見えてきたところで次回へ続きます。。。

乗車区間。みさき公園駅~多奈川駅間
南海電気鉄道・多奈川線 、完全乗車しました
web拍手 by FC2

南海電気鉄道・加太線ファイナル編

南海電鉄加太線・ファイナル編


加太線2

前回からのつづきです。。。

二里ヶ浜駅

➝ 14:14二里ヶ浜駅

磯ノ浦駅

➝ 14:16磯ノ浦駅

加太線車窓3

磯ノ浦駅を出るとようやく海が見えてきました

南海7100系電車6

南海7100系電車・加太駅にて撮影。(2016年09月23日)

加太駅

➝ 14:20磯ノ浦駅

加太駅2

これで加太線も完乗できました

加太駅3

加太駅は和歌山県での最西端駅でして
1911年開業以来の古い駅舎です

加太駅4

1日あたり720人の乗降客数だそうです。。。

加太駅5

この後、紀ノ川駅まで戻り、加太線の旅も終了しました

めで鯛

めでたしめでたし
web拍手 by FC2

南海電気鉄道・加太線その2

南海電鉄・加太線その2

東松江駅

➝ 14:03東松江駅
前回からのつづきで東松江駅に停車中です

東松江駅2

加太駅側のホーム先端に改札口があり、
島式ホームのため、駅から出るには
構内踏切を渡らなくてはいけません。。。

中松江駅

➝ 14:05東松江駅

南海7100系電車車内5

車内のつり革は魚の形をしておりますが、
“しあわせのつかみどり”と言って
ハートマークのつり革があり
大好きな人と持ちたいつり革が隠れているようです…。

南海7100系電車5

南海7100系電車・八幡前駅にて撮影。(2016年09月23日)
八幡前駅で列車行き合いです。。。

八幡前駅

➝ 14:08八幡前駅

紀州さかな線

紀州加太さかな線

西ノ庄駅

➝ 14:14西ノ庄駅

西ノ庄駅2

西ノ庄駅は加太線で唯一の無人駅っぽいですね。。。

南海7100系電車車内6

加太線の旅はもう少しだけつづきます
web拍手 by FC2

南海電気鉄道・加太線

南海電鉄・加太線

加太線は、和歌山県和歌山市の紀ノ川駅から
加太駅までを結ぶ南海電気鉄道の鉄道路線。

和歌山市駅6

再び和歌山市駅です

南海7100系電車4

南海7100系電車・和歌山市駅にて撮影。(2016年09月23日)
和歌山市駅の3番のりばは加太線専用ホームです。。。

めでたいでんしゃ

加太線は加太さかな線の愛称があり、
そのプロジェクトの一環として2016年4月29日より運行を開始した
観光列車めでたいでんしゃですね

南海7100系電車車内2

車内に入ると魚影の群れが見えています

南海7100系電車車内3

つり革も鯛です
「鯛」は加太を代表する海の幸だそうです

南海7100系電車車内4

13:56発、加太行きに乗車…。
これからめでたいでんしゃが加太線のレールを泳ぎます

加太線車窓

和歌山市駅を出発すると和歌山市内を流れる代表的な紀の川を渡ります

紀の川駅

➝ 13:59紀ノ川駅
加太線は運用上は和歌山市駅の始発ですが
この紀ノ川駅が起点となります

加太線車窓2

車窓から見えた野崎西小学校です。。。
芝生の運動場が羨ましい~♪

南海7100系電車車窓

このようにのどかに加太線のレールを泳いでいきます
次回へつづく。。。

乗車区間。紀ノ川駅~加太駅間
南海電気鉄道・加太線 、完全乗車しました
web拍手 by FC2

南海電気鉄道和歌山港線・和歌山港駅到着編

南海電鉄和歌山港線・和歌山港駅到着編

南海7100系電車2

南海7100系電車・和歌山港駅にて撮影。(2016年09月23日)

和歌山港駅

和歌山港駅にやってきました

南海フェリーのりば

南海四国ラインフェリーのりばまで
連絡通路で直結しています

和歌山港駅2

1998年に明石海峡大橋の開通で乗降客は激減し
2012年には無人化されました

南海フェリー

和歌山港 ~ 徳島港は約2時間の旅だそうです。。。

阿波おどり

徳島阿波おどりも見てみたいですね~

和歌山港駅3

駅舎の入り口です。。。

和歌山港駅4

今回は四国へ渡る予定はないので
ホームに再び戻ってきました

和歌山港線

普通列車は和歌山市と折り返し運行されているようですが…。

南海7100系電車3

南海7100系電車・和歌山港駅にて撮影。(2016年09月23日)
フェリーの運航でダイヤを組まれているので元々の本数は少ないようですが
ホームは8両編成が停車することができ
特急サザンも3本のみ和歌山港駅発、なんば行きの設定があるようです

これで和歌山港線も完乗できました
web拍手 by FC2

南海電気鉄道・和歌山港線

南海電鉄・和歌山港線

和歌山港線は、和歌山県和歌山市の和歌山市駅から
和歌山港駅までを結ぶ、南海電気鉄道の鉄道路線。

和歌山市駅3

和歌山市駅にやってきました

戦国の鉄砲大将雑賀孫市

駅前には"雑賀孫市"こと鈴木 孫一の木彫り像があります。。。
戦国の鉄砲大将の異名を持ち石山合戦において
雑賀衆を率いて石山本願寺へ入り、織田信長の軍勢を苦しめたとか…

和歌山市駅4

和歌山市駅は1日あたり17,942人が利用する(南海のみ)
南海本線の終点であり、その和歌山側のターミナル駅となっており
南海電鉄の南海本線と和歌山港線のほか、加太線も乗り入れ
また、JR西日本の紀勢本線が乗り入れています。。。

和歌山市駅5

今回は和歌山港線のお話で
7番のりばから和歌山港行き列車が出ています。。。

南海7100系電車

南海7100系電車・和歌山市駅にて撮影。(2016年09月23日)

南海7100系電車車内

乗車してあるほとんどの方が
四国行きのフェリー利用者だと思われます

和歌山港線車窓

和歌山市内を流れる市堀川に沿って和歌山港に向かいます

和歌山港線車窓2

以前は途中駅として久保町駅、築地橋駅、築港町駅があったようですが、
利用者が少ない駅だったため2005年11月27日に廃止されたようです

和歌山港線車窓3

青岸橋が見えてきたところで
終点の和歌山港駅が近づいてきました

次回へつづきます。。。

乗車区間。和歌山市駅~和歌山港駅間
南海電気鉄道・和歌山港線 、完全乗車しました
web拍手 by FC2